ホルン|Mayumi

member_mayumi_03Mayumi

演奏パート:ホルン 担当:メンバー募集
在籍期間:2013年〜


入団にあたって心配はありませんでしたか?

IAには知り合いはいなかったのですが、ホームページなどでIAのホルンの募集を見つけ、応募しました。さすがに最初の面談の時は緊張しました。だけど初めて面談に行ったときにリーダーの成沢が緑色のウィンドブレーカーを着ていて、とても親近感が湧きました(笑)。普段、火山の研究をしていて、私も緑色のウィンドブレーカーを着ているので(笑)。それはともかく、リーダーが特色ある活動内容を楽しそうに紹介していたのが印象的でした。また初めて練習の見学に行ったときは、アットホームでありながらオープンな集団だったので、全然問題なかったです。

IAの中心メンバーは、Mayumiさんよりも5、6歳年上の人たちが多いですが?

社会人でバリバリ働いている年代の人たちなので、刺激があります。5、6年後にどのような問題に直面するのかとか、これまでどう問題を回避してきたかなどの経験談を聞けるのは為になりますね。また、団費の優遇措置があったり、乗り合いで移動したり、学生にはとても優しいオケだと思います。

member_mayumi_04

社会人メンバーの多いIAの中では珍しく、Mayumiさんは博士課程の大学院生とのこと。研究と音楽の両立の方法を教えてください。

自分が大学にいると、研究者が珍しいとは感じないです。私にとっては会社員や教員の世界もわからないので、メンバーを通してそのお話が聞けるのはとても新鮮です。音楽を通して、普段だったら出会えなかった人と出会えるのがオケ・音楽の良さの一つですね。時間をどうやってつくるかというのは…社会人や主婦のみなさんと同じだと思っています。隙間時間を見つけてはマウスピースで練習を行ったりしています。正直なところ、もう少し練習時間を確保したいところですが…。音楽は趣味として今後も続けていきたいので、自分のスタイルを確立できたらいいなと模索しながらやっています。

最近ナチュラルホルンを購入しましたが?

せっかく、バロック・古典をやるオケに入っているので、ナチュラルホルンを始めてみました。音程をとる右手の使い方が全然違いますし、一から新しい楽器を始めた感覚です。ナチュラルホルン特有の音色はやはり面白いですし、弦楽器との音のバランスも改善されるはずです。第11回定期に向けて、団でもナチュラルホルンを購入し、一緒に吹いてくださる方も絶賛募集中です!より弦と管の濃密なアンサンブルをお聞かせできたらいいなと思います。

member_mayumi_02

あなたから見たIAは?

IAは、社会人オケとしては珍しく管・弦の隔たりの一切ないメンバー全員が仲の良い団体です。運営に関わる仕事も必ず一つはするので、ただ演奏するだけではなく、どういう音楽、音楽会をやりたいのか、というのが常に問われると思います。これは指揮者がいないということにも関係しますね。そういうことができる活動は面白いですし、より多くの人に音楽を通して発信できたらいいなと思います。

member_mayumi_01

インタビュー:2015年実施

一覧に戻る
広告