ヴィオラ|Kasumi

02_yagi_portrait

Kasumi
演奏パート:ヴィオラ
在籍期間:2006年〜

I.A.に入団したきっかけは何ですか?

まず、大学のオーケストラでリーダーに出会い、リーダーの世界観に衝撃を受けたことが前提としてあって、そこから第2回定期の参加のお誘いを受けたとき、一緒に音楽をやってみたいと思い、入団しました。

昨シーズン(2010年第6回)の演奏会の感想は?

体力の消耗が…(笑)というのも、昨シーズンの演奏会は、音楽に対して精神力を使う演奏会だったなと感じています。しかし、私なりの“答え”にまだまだ近づけると思った演奏会でした。新しい課題も見つかり、さらに上に向かおう、と前向きになる演奏会でしたね。

単刀直入に、I.A.はどんなオーケストラですか?

うーん…変なオーケストラ?(笑)いわゆるオーケストラの“一般的なルール”や“枠”がなくて締め付けがないですね。だから、“いろんなことができる=たくさんの可能性がある”オーケストラだと思います。あ、決して団員のモラルがないとかそういう意味ではないですよ!

そんなI.A.の良さとは?

音楽に関して甘えがないところですかね。知識や技術など、足りないところは徹底的に追及しますし。だからこそ、自分ももっと勉強しなきゃ!って思えるところも良さの一つですね。

どんな方に入ってもらいたいですか?

音楽に真剣に向き合いたいという向上心のある方ですね。あとは、I.A.はたくさんの可能性がまだまだあるオーケストラなので、音楽に対して“正解”ではなく、“自分なりの答え”を求めたい人は、ぜひ。

自身の仕事と演奏はどのように両立していますか?

平日は仕事関係の勉強などがあるので、合間に音楽の本を読んだりCDを聴いたりしています。楽器の演奏は休日に集中させています。仕事と音楽、両方あるから生活に均衡が保てるので、どちらもおろそかにはできませんね。

インタビュー:2011年実施

一覧に戻る
広告